Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

RIZAPのメールアカウントが乗っ取り被害

トレーニングジムを運営するRIZAPグループのメールアカウントが乗っ取られ、迷惑メールが送信されたほか、取引先の情報が流出した可能性があることがわかった。

同社によれば、10月31日にメールアカウント1件が不正アクセスを受けて乗っ取られたもの。取引先1648社に対し2111件の迷惑メールが送信された。また不正アクセスを行った第三者に取引先の情報が流出した可能性がある。

同社では、対象となるアカウントのパスワードを変更。迷惑メールの送信先に対して謝罪、注意を呼びかけるメールを送信した。11月6日の時点で第三者による情報の持ち出しや外部流出の痕跡は確認されていないが、今後も調査を継続するとしている。

(Security NEXT - 2019/11/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

藤沢市関連サイトに不正アクセス - スパム踏み台に
メールアカウントに不正アクセス、スパム踏み台に - 岡山大
不正アクセスでスパムの踏み台に - システム開発会社
メールサーバが踏み台に、約25万件の迷惑メール - パーソルP&T
ビットバンクでもドメイン情報改ざん - 取引所とは別ドメイン
海外拠点経由の不正侵入で情報流出、内部横展開も - NTTコム
サイトの「問い合わせフォーム」を悪用する攻撃に警戒を
ウェブサイトがスパムの踏み台被害 - 船橋市
メールサーバで設定ミス、スパムを中継 - 山口県産業技術センター
4000人超で不正ログイン被害が発生 - LINE