Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

RIZAPのメールアカウントが乗っ取り被害

トレーニングジムを運営するRIZAPグループのメールアカウントが乗っ取られ、迷惑メールが送信されたほか、取引先の情報が流出した可能性があることがわかった。

同社によれば、10月31日にメールアカウント1件が不正アクセスを受けて乗っ取られたもの。取引先1648社に対し2111件の迷惑メールが送信された。また不正アクセスを行った第三者に取引先の情報が流出した可能性がある。

同社では、対象となるアカウントのパスワードを変更。迷惑メールの送信先に対して謝罪、注意を呼びかけるメールを送信した。11月6日の時点で第三者による情報の持ち出しや外部流出の痕跡は確認されていないが、今後も調査を継続するとしている。

(Security NEXT - 2019/11/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

不正アクセスで約57万件の迷惑メール送信 - 群大
アカウント2件に不正アクセス、スパム踏み台に - 早稲田システム開発
複数従業員のメールアカウントに不正アクセス - モリサワ
教員アカウントに不正アクセス、海外スパム送信の踏み台に - 高崎経済大
退職者のメールアカウントがスパムの踏み台に - 大阪メトロサービス
サーバが攻撃の踏み台に、CMS導入ファイル狙われる - 茨大工学部同窓会
職員アカウントが海外より不正アクセス、スパムの踏み台に - 尚絅学院大
メールアカウント2件に不正アクセス - 板橋区医師会
植物園サイトに不正アクセス、スパム送信の踏み台に - 藤沢市
メールアカウントに不正アクセス、スパム踏み台に - 静岡病院