Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

従業員による個人情報売却、国内顧客に影響なし - トレンドマイクロ

同社は本誌の取材に対し、国内で製品を利用するコンシューマー、法人いずれの顧客も今回漏洩したデータに含まれていないと説明。

一方、事件が国外で発生したことについては認めているものの、具体的な発生地域や対象顧客の地域については11月6日の時点で明らかにしていない。

EU一般データ保護規則(GDPR) への対応については、海外法人による今回の公表は、同規則への対応の一環だという。すでに監督機関に報告しており、対象となる顧客に対して通知を行っているとしている。

同社は、今後国内向けに事件の詳細を公表していくかは、当局の捜査中でもあり、未定としている。また国内に対象者がいないとして、個人情報保護委員会への報告も行わない予定。

(Security NEXT - 2019/11/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

小学校でUSBメモリを紛失、持出許可得るも禁止の個人情報も - 所沢市
データ判読のため持ち出した患者情報含むUSBメモリを紛失 - 杏林大付属病院
全住民情報を委託先が紛失、飲食後路上で眠り込みカバンなくす - 尼崎市
尼崎市全住民の個人情報入りUSBメモリ、カバンごと発見される
釜石市、職員2人を懲戒免職 - 全住民情報を持出、監査の不正操作も
従業員が退職時に顧客情報を持ち出し、入居者へ挨拶 - 東急コミュニティー
従業員が顧客情報を家庭ゴミに、郵送され発覚 - サカイ引越センター
疾病関係の行政文書が所在不明、廃棄前の引き継ぎで判明 - 奈良県
再委託先が顔認証の搭乗関連情報を不正持出 - 東京国際空港ターミナル
トヨタのコネクテッドサービスで申込書約14万件が所在不明