Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

従業員による個人情報売却、国内顧客に影響なし - トレンドマイクロ

トレンドマイクロの海外法人において、従業員が顧客の個人情報を外部へ漏洩した問題で、同社は日本国内の顧客データは含まれていないことを明らかにした。

今回の問題は、従業員がコンシューマー向け製品の顧客情報を不正に持ち出し、第三者に売却。サポート詐欺に悪用されたもの。8月に被害を把握し、調査を進めていたが10月末に従業員による犯行と結論付けた。

データを持ち出したのは、同社海外法人に勤務する従業員。普段より顧客情報へアクセスする権限を持つテクニカルサポートの担当者だったという。すでに懲戒解雇となっている。

従業員の所属や担当部署、勤続年数、勤務態度、犯行の認否については、当局へ捜査協力を行っていることを理由に挙げ、コメントを避けた。

(Security NEXT - 2019/11/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

小学校でUSBメモリを紛失、持出許可得るも禁止の個人情報も - 所沢市
データ判読のため持ち出した患者情報含むUSBメモリを紛失 - 杏林大付属病院
全住民情報を委託先が紛失、飲食後路上で眠り込みカバンなくす - 尼崎市
尼崎市全住民の個人情報入りUSBメモリ、カバンごと発見される
釜石市、職員2人を懲戒免職 - 全住民情報を持出、監査の不正操作も
従業員が退職時に顧客情報を持ち出し、入居者へ挨拶 - 東急コミュニティー
従業員が顧客情報を家庭ゴミに、郵送され発覚 - サカイ引越センター
疾病関係の行政文書が所在不明、廃棄前の引き継ぎで判明 - 奈良県
再委託先が顔認証の搭乗関連情報を不正持出 - 東京国際空港ターミナル
トヨタのコネクテッドサービスで申込書約14万件が所在不明