Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Trend Micro従業員が顧客情報を売却 - サポート詐欺に悪用

Trend Microの従業員が、顧客情報を不正に入手し、第三者に販売していたことがわかった。サポート詐欺などに利用されたという。

組織内部より従業員が顧客データベースへアクセスし、データを窃取したもので、顧客の名前やメールアドレス、同社サポートチケット番号のほか、一部電話番号を取得、第三者に売却していた。同社海外法人が明らかにした。

外部からの不正アクセスではなく、内部よりアクセス制御を回避するなど、計画的に明確な犯罪の意図を持って行われたものと同社は説明。売却されたデータは、同社サポート担当者になりすました詐欺行為に悪用された。

対象となるのは、同社コンシューマー製品の利用者で、約1200万人いる顧客の1%未満だという。英語の話者を標的としており、おもに英語を母国語とする国のデータが取得されていた。

また企業や政府向け製品の顧客データがアクセスされた形跡などは確認されていないとしている。

(Security NEXT - 2019/11/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

暗号資産取引所「Liquid」、DNSが改ざん被害 - 本人確認用データなど流出か
郵便物差出票に個人情報含む用紙を再利用 - 大阪市
信用保証情報を含むファイルを誤送信 - 長崎県信用保証協会
顧客情報含む書類が車上荒らし被害に - 中部電力関係会社
脆弱性調査で個人情報が外部サービスに残存 - LINE
クラウドのシステムが暗号化され脅迫受ける、詳細は調査中 - ベルパーク
マルウェアに感染でなりすましメール - 浄水器販売会社
海外出張先で個人情報含むPCが鞄ごと盗難 - 金沢大
VPNアカウント流出、内部侵入は否定 - 平田機工
患者情報含む書類が鞄ごと所在不明に、盗難か - 総合南東北病院