Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

クラウド上の機密データ、暗号化している組織は約半数

国内組織の約半数は、クラウド上に保存された機密データを暗号化していないとの調査結果をタレスが取りまとめた。暗号化している場合も、約半数が暗号化鍵をクラウドプロバイダに提供しているという。

仏Thalesが、日本や米国を含む8カ国のIT管理者やITセキュリティ担当者3000人以上を対象にアンケート調査を実施、結果を取りまとめたもの。日本からは354人が回答した。

国内の回答を見ると、50%の企業が「Amazon Web Services(AWS)」「Microsoft Azure」などマルチクラウドを活用。平均3社のクラウドサービスプロバイダを利用しており、4社以上利用している企業も30%にのぼっている。

52%がクラウド上に個人情報を保存することで、セキュリティリスクが増加すると考えており、72%がコンプライアンス上のリスクが発生すると回答した。

(Security NEXT - 2019/10/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2020年2Q、67%のマルウェア亜種が定義ファイルを回避
約4割でインシデント被害、対応費用は約1.5億円 - 4.4%が「Emotet」経験
2019年下半期は1953万件の違反投稿に対応 - LINE
2019年のフィッシング報告は約5.6万件 - 前年の2.8倍に
フィッシングサイトの割合増加 - 27%がHTTPS対応
クラウド設定のテンプレ、設定ミスがクラウド環境全体のリスクに
半年でSNS投稿1799万件を非表示に、45%がスパム - LINE
国内暗号鍵管理市場は3.3%成長 - DLPは横ばい
インシデント調査の26%がランサム被害 - 詳細調査で3割強よりAPT痕跡
クラウドセキュ市場、今後5年で2.4倍に