Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

作業ミスで技能者の個人情報が閲覧可能に - 建設業振興基金

就業データ2149件に含まれる技能者1881人分の氏名や現場名、就業年月、所属事業者名などが含まれる。

同システムで現場登録している元請事業者36社が閲覧可能な状態となり、ログによって23社がデータへアクセスしていたことが判明した。

それぞれの事業者が1881人分すべてのデータを閲覧できたわけではなく、もっとも多い事業者で197人分の情報へアクセスできる状態だったという。

同基金では8月22日にデータを修正。翌23日にシステムを再開した。今回の問題を受けて、同基金では関係者に対し謝罪の書面を送付。現場利用料の誤請求などは発生していないという。

(Security NEXT - 2019/10/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

事業吸収分割で無関係の口座情報を誤提供 - 新生銀
健康産業支援施設サイトで個人情報が閲覧可能に - 山口県
新成人の名簿を誤送信、メールアドレス誤りで - 大阪市
イベント案内メールを「CC」送信 - シナネン
別人の納税催告書を誤って送付 - 栃木県壬生町
異なる宛名で会員向け冊子を発送 - 輸入腕時計代理店
就職イベントの案内メールに学生リストを誤添付 - 富山県
ファンクラブ継続案内に無関係の個人情報 - モンテディオ山形
イベントの招待案内メール誤送信でメアドが流出 - 大阪市
個人情報含むファイルをセミナー参加者へ誤送信 - 小田急不動産