Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

作業ミスで技能者の個人情報が閲覧可能に - 建設業振興基金

建設関連技能者の処遇改善を目指して官民で推進する「建設キャリアアップシステム(CCUS)」においてデータ登録に不具合があり、一部建設元請事業者に他社の建設現場に関する技能者情報が流出したことがわかった。

「建設キャリアアップシステム」は、技能に対する公正な評価や、工事品質の向上に受けて、建設技術者の就業実績や資格を登録できるシステム。官民が連携して推進しており、建設業振興基金が開発、運営を行っている。

同基金によれば、8月9日から20日にかけて一部の元請事業者が自社現場の就業データを閲覧すると、本来表示されない他社の現場で就業した技能者の個人情報が閲覧できる状態となっていた。同月19日に元請事業者からの問い合わせがあり、問題が判明、翌20日にシステムを停止した。

「建設キャリアアップシステム」において、就業履歴回数に応じて生じる現場利用料の請求データを補正する作業を8月9日と13日に委託先が行ったが、2149件に誤った元請事業者名を付加するミスがあったという。

(Security NEXT - 2019/10/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

4月から5月の個人情報関連ミスは9件 - 大阪市
被爆者宛の健診案内で誤送付 - 同姓で住所を取り違え
検定合否情報など含むファイルをメールに誤添付 - 企業環境リスク解決機構
新型コロナ関連の「就業制限」や「消毒」通知書を誤送付
中学校で答案をサイトで誤掲載、共有フォルダ内で取り違え - 中津市
大阪市、在籍児童名簿の作成でミス - 児童情報3692人分を異なる施設に送付
県立高サイトで進路先など個人情報を誤掲載 - 宮城
駐車場使用料納入通知書を誤送付 - 神奈川県県営住宅で
メール誤送信でオープンキャンパス申込者のメアド流出 - 国立音大
新型コロナワクチンの接種券付き予診票を誤送付 - 大阪市