Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「vBulletin」に修正パッチ - 国内でも攻撃を多数観測、早急に対応を

フォーラム構築ソフト「vBulletin」にゼロデイ脆弱性が見つかった問題で、修正パッチが公開された。国内でも脆弱性に対する攻撃が観測されており、利用者は早急な対応が求められる。

細工した「POSTリクエスト」により、認証なしに「vBulletin」が稼働するユーザー権限で、コマンドの実行が可能となる脆弱性「CVE-2019-16759」が明らかとなったもの。9月23日に匿名で脆弱性の実証コード(PoC)が公開され、修正プログラムが用意されていない「ゼロデイ」状態に陥った。

開発元であるMH Sub Iでは、日本時間9月26日にセキュリティパッチ「同5.5.4 Patch Level 1」「同5.5.3 Patch Level 1」「同5.5.2 Patch Level 1」を急遽リリース。「同5.5.2」より以前のバージョンを利用している場合はアップグレードするよう注意を呼びかけた。

今回明らかとなった「CVE-2019-16759」について、脆弱性を分析したラックは容易に悪用が可能でデータの改ざんや流出などの被害が発生する可能性があり、非常に危険な脆弱性であると指摘している。

(Security NEXT - 2019/09/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

トレンドマイクロのエンドポイント製品に脆弱性 - すでに悪用も、早急に更新を
米英豪、悪用多い脆弱性トップ30件を公表 - 早急に修正を
PEARライブラリ「Archive_Tar」に脆弱性 - 「Drupal」などにも影響
「Chrome 92」で35件のセキュリティ修正
Oracle、四半期定例パッチを公開 - 脆弱性のべ342件を修正
「Windows」に権限昇格のゼロデイ脆弱性 - MSが詳細を調査
Linuxカーネルにroot権限を取得できる脆弱性 - 1Gバイト超のパス長処理で
「Citrix ADC」や「Citrix Gateway」に複数脆弱性 - 認証回避のおそれ
Adobeの複数製品に深刻な脆弱性 - 定例外でパッチ公開
「FortiManager」「FortiAnalyzer」に脆弱性 - root権限でコード実行のおそれ