Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「vBulletin」に修正パッチ - 国内でも攻撃を多数観測、早急に対応を

同社セキュリティオペレーションセンターでは、日本時間9月25日21時ごろより、脆弱性を悪用し、ウェブサイトへバックドアを設置しようと試みる攻撃の急増を観測。ピークを迎えた26日0時台には1時間あたり1万件を超えるアクセスを検知した。26日朝にはやや落ち着きを見せたものの、引き続き攻撃を確認している。

特に攻撃対象となった業種などに偏りはなく、広範囲に攻撃を展開された。送信元のIPアドレスは、ベトナムやインド、インドネシア、タイなど約半数が東南アジア地域で、ブラジルを発信元としたアクセスも観測。

攻撃に同一IPアドレスが利用されるケースは少なく、多くのIPアドレスから攻撃が展開されたという。同社は、攻撃にボットネットが利用された可能性があると分析している。

同社は、同ソフトウェアを利用している場合は、早急にパッチを適用し、適用が難しい場合は、サーバの停止を含め検討するようアドバイス。また侵害を受けていないかログを確認するよう呼びかけている。

20190926_la_001.jpg
バックドアの設置を試みた攻撃の検知状況(グラフ:ラック)

(Security NEXT - 2019/09/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

スマホアプリ「ぐるなび」に脆弱性 - 任意サイトへの誘導に悪用されるおそれ
「Chrome 89.0.4389.128」で脆弱性2件を修正 - いずれもエクスプロイトの報告あり
「Adobe Bridge」や「Photoshop」など複数Adobe製品に深刻な脆弱性
MS、月例セキュリティ更新で脆弱性108件に対応 - 一部でゼロデイ攻撃も
NEC製ルータ「Atermシリーズ」の複数製品に脆弱性
「Okta Access Gateway」にコマンドインジェクションの脆弱性
「Cisco SD-WAN vManage」に深刻な脆弱性 - アップデートが公開
一部シスコ製小規模向けVPNルータに深刻なRCE脆弱性
制御システム監視制御ソフト「ScadaBR」に脆弱性
「Aruba Instant」に複数の深刻な脆弱性