Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

トレンドのDDIに攻撃コマンドバイパスのおそれ - すでに修正済み

トレンドマイクロが提供する「Trend Micro Deep Discovery Inspector(DDI)」のIDSにおいて、特定の手法により攻撃コマンドをバイパスできる問題が明らかとなった。定義ファイルのアップデートによりすでに修正済みだという。

同製品では、「wget」を利用したコマンドインジェクションなど、悪意あるコマンドの検知に対応しているが、パーセントエンコーディングを用いることでバイパスできる状態だった。セキュリティ研究者のJohn Page氏が発見、5月14日にトレンドマイクロへ報告した。

同氏より報告を受けた同社では、5月22日にネットワークコンテンツ検査に利用するパターンファイル(NCIP)の「バージョン1.13753.00」をリリース。すでに修正済みだという。

今回の問題についてCVE番号は採番されていない。同社は、特定の挙動を検出しないことを指摘されたものであり、脆弱性を指摘されたものではないとの見解を示した。7月18日に機能強化により修正されたとの通知を受けたPage氏は、今回の問題について実証コード(PoC)を公開している。

(Security NEXT - 2019/08/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Firefox 83」公開、HTTPS限定モードを追加 - 脆弱性21件を修正
MS、月例パッチで脆弱性112件に対処 - 一部ゼロデイ攻撃も
早急に「WebLogic Server」脆弱性の修正を - パッチ公開より1週間強で攻撃発生
脆弱性「Zerologon」の悪用確認 - 侵害封じ込めが困難に、影響多大のため早急に対策を
MS、脆弱性「Zerologon」について再度注意喚起 - まずはパッチ適用を、対処FAQも更新
MS、月例パッチで脆弱性87件を修正 - 6件が公開済み
深刻な脆弱性「Zerologon」、「Samba」にも影響 - 設定確認を
MobileIronのMDM関連脆弱性、PoCリリースでリスク上昇
MS、9月の月例パッチで脆弱性129件を修正
「Adobe Acrobat/Reader」にアップデート - 脆弱性26件を修正