Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

巧妙化するBEC、実質被害逃れるも送金前後で気付くケースも

2019年4月に報告されたケースは、同年2月に発生したもので、国内企業と海外企業で進められた新規取り引きが標的となった。

攻撃者は、これら企業間で半年以上前に行われたメールによるやりとりを事前に取得、内容を把握していたと見られ、請求側の取引先企業になりすましたという。

具体的には、本来の見積書が送信された翌日に、「正しい見積書を送る」と差し替えを求める偽メールを送信。メールでは「見積額の修正」と理由を伝える一方、実際は振込先の口座も改ざんしていた。

さらに改変へ気が付かれないよう、直前に届いた正規の見積書を破棄するよう要求。新規取引であったため、過去の実績とも比較できず、経理部門による確認でも口座の改ざんに気がつけなかった。

20190809_jc_001.jpg
攻撃の推移(図:IPA)

(Security NEXT - 2019/08/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2020年3Qの標的型攻撃メールは9件 - 不審メールの情報提供は15倍、大半「Emotet」
フィッシングやなりすましメールをテーマとしたオンラインイベント - JPAAWG
2020年2Qの「標的型攻撃メール」は87件 - いずれも「BEC」
「Emotet」の脅威 - 組織やビジネスへの影響を考える
すぐ返信も届く日本語BEC、国内攻撃本格化の兆候か
BD製医療機器にキオスクモード回避のおそれ
「BEC」に見えた内通者の影 - なりすまされる「リスク」も
2019年4Qの標的型攻撃メールは47件 - 情報提供の7割が「Emotet」
長期休暇に向けてセキュリティ対策の再確認を
2019年3Qの標的型攻撃メールは113件 - 9割はプラント関連