Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

食料農業分野がメール詐欺の標的に - 粗悪な食品が出回るおそれも

企業の関係者や取引先を装って企業に忍び寄り、金銭をだまし取る「ビジネスメール詐欺(BEC)」だが、狙いは金銭だけにとどまらず、商品にも拡大している。だまし取られた食品などが、衛生管理などされないまま転売されるおそれもあるとして米政府が注意喚起を行った。

2022年に入り、食料農業分野においてBECによる被害が発生しているとして米国連邦捜査局(FBI)や米食品医薬品局(FDA)、米農務省(USDA)が共同で注意喚起を行ったもの。

犯罪グループは、正規の企業に見せかけたウェブサイトやメールアドレスを用意したり、実在する企業のアカウントを乗っ取ってメールを通じて連絡を取り、正規の取引に見せかけ、商品をだまし取るいわゆる「取り込み詐欺」が発生しているという。

実在する企業の役員や従業員を名乗ったり、それらしいロゴや名刺なども用意。信用情報なども偽装するなど手口が巧妙で、商品を納入しても代金が支払われないという。

実際に米国内では複数の被害が発生している。ある食品流通業者では、スナックや飲料を扱う多国籍企業を装った犯罪グループより、トラック2台分の粉ミルクについて注文を受けて出荷してしまい、16万米ドル以上の損害が発生したという。

(Security NEXT - 2022/12/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Cisco ISE」の脆弱性、順次パッチ提供 - リリース後は悪用コードが利用可能に
点訳ボランティア宛の案内メールで誤送信 - 堺市の指定管理者
広告業務の委託先で電子媒体を紛失 - 国交省
「配達できない」などとうそ - ヤマト運輸のフィッシングに注意
偽通販サイトの相談倍増 - 「大幅な値引き」に警戒を
2022年4Qのセキュ相談 - 「偽警告」「不正ログイン」関連が増加
狙われる顧客管理ツール「SugarCRM」の脆弱性 - 米政府も注意喚起
「スシロー」のAndroidアプリにパスワード漏洩のおそれ - アップデートを
都委託先でメール誤送信 - セミナー申込者のメアド流出
児童の遅刻欠席情報、職員間のメールを保護者に誤送信 - 八代市