Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

巧妙化するBEC、実質被害逃れるも送金前後で気付くケースも

2019年第2四半期は、4件のビジネスメール詐欺が報告された。1件で金銭被害が発生したほか、他事例でも、あわや被害が発生する状況だったという。

サイバー攻撃などに関する情報を組織間で共有する取り組みである「J-CSIP」で同四半期に把握したBECの状況について、情報処理推進機構(IPA)が取りまとめたもの。

同四半期には、4件のビジネスメール詐欺を確認。そのうち1件で金銭被害が確認された。同ケースは、最初に報告を受けたのは2018年12月だが、情報の精査などを要したことから今回の統計に算入されている。

それ以外の3件については、被害は発生しなかったものの、4月と5月に報告を受けた2件については、攻撃に目立った特徴が見られたことから攻撃の手口が明らかにされている。

(Security NEXT - 2019/08/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

IPA、ビジネスメール詐欺対策の特設ページを開設 - 啓発チラシなども用意
「ServiceNow」に複数のXSS脆弱性 - アップデートで修正
J-CSIPへの情報提供が約2.6倍に - 過去の受信メールにも注意を
J-CSIP、標的型攻撃情報29件を共有 - FAX起点とするBECも
まもなくゴールデンウィーク、セキュリティ体制の確認を
J-CSIPへの情報提供、76%減 - 標的型攻撃は5件
「ウェブメール」のフィッシング被害が増加 - 偽フォームにメアドを自動入力する演出も
2021年3Qの情報提供は346件、標的型攻撃は3件 - J-CSIP
Adobe、「ColdFusion」「AEM」など16製品にセキュリティ更新
2021年2Qの標的型攻撃に関する情報共有は40件 - J-CSIP