Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

セキュリティ相談、2019年2Qは微減 - 宅配業者偽装SMSは増加

2019年第2四半期に、情報処理推進機構(IPA)の「情報セキュリティ相談窓口」に寄せられた相談件数は、前四半期から微減した。ただし、「宅配業者をかたる偽SMS」に関する相談は目立って増加しているという。

同機構によれば、同四半期に寄せられた相談件数は3275件。前四半期の3385件から3.3%の減少となった。

相談内容ごとに見ると、宅配業者による不在通知を装ったショートメッセージに関する相談が459件寄せられた。前四半期の335件から37%増となる。問題のSMSでは偽サイトへ誘導し、悪質なアプリをインストールさせたり、電話番号や認証コードを詐取しようとしていた。

また、「ウイルスを検出した」などの偽警告でユーザーの不安を煽り、電話をかけさせて製品の購入やサポート契約を迫る偽警告の相談が348件と僅差で続く。前四半期の549件からは36.6%減となった。

(Security NEXT - 2019/07/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

改正個人情報保護法の実務対応をテーマとしたセミナー開催 - JIPDEC
2021年2Qの標的型攻撃に関する情報共有は40件 - J-CSIP
2021年2Qのセキュ相談12%増 - 偽宅配業者SMS関連が大幅増
日本も攻撃対象、中国関与の攻撃活動を非難 - 外務報道官談話
テレワーク時の個人情報漏洩を防止するための教育用資料
2020年度下半期の「J-CRAT」相談は201件 - レスキュー支援が増加
政府、行政機関のLINE利用でガイドライン
政府18機関でLINEを業務利用 - 11機関で機密情報も
3割がセキュ投資増額、56.3%で被害経験 - IDC調査
巧妙化するランサム攻撃、被害の多くが「VPN機器」脆弱性に起因