Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2015年の不正アクセスで流出した平文PW見つかる、報償金制度で - Slack

ビジネス向けのチャットアプリを展開するSlackは、2015年に公表し、対処済みとしていた情報流出に関連し、ハッシュ化されていない現在も有効なパスワードを含むアカウント情報が外部で流通していることを明らかにした。今回の問題を受け、当時よりパスワードを変更していない利用者などに対してリセット措置を講じるという。

同社では、2015年2月にメールアドレスやハッシュ化されたパスワードのほか、利用者が保存したプロフィール情報を格納しているデータベースが不正アクセスを受けたことを翌3月に公表。

一部アカウントが影響を受けるとし、対象となるアカウントに対してリセットを実施。他利用者にもパスワードの変更や二要素認証の利用など呼びかける事態に至ったが、今回あらたな流出が確認された。

同社が実施したバグ報奨金プログラムを通じて報告を受けたもので、同社が調査を行ったところ、2015年のインシデント発生当時にSlackへログインしていたアカウント情報であることが明らかになったという。

(Security NEXT - 2019/07/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2017年に不正アクセス、日本語脅迫メール届き情報流出が発覚 - ユピテル
職員アカウントが海外より不正アクセス、スパムの踏み台に - 尚絅学院大
職員が人事情報に不正アクセス、職務情報よりPW推測 - 宜野湾市
従業員がスミッシング被害、顧客情報流出の可能性 - ニトムズ
小学校教員がフィッシング被害、クラウドにスマホ同期の業務画像 - 生駒市
教員の個人アカウントが乗っ取り被害、スマホ同期の個人情報も - 大阪教育大
水道管調査サイトで一般利用者に管理者IDを誤発行 - 神戸市
PCR検査依頼書を無関係の企業へメール誤送信 - 米子保健所
ファイル内に顧客情報、気付かず提携先に複数送信 - 神奈川銀
持出情報同期したクラウドアカウントがフィッシング被害 - 千葉大付属病院