Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

BPJの被害は約32.7億円、秘密鍵奪われ - 退避試みるも9割超流出

ビットポイントジャパン(BPJ)が運営する仮想通貨交換所より仮想通貨が流出した問題で、ホットウォレットの秘密鍵が窃取されたことが原因であることがわかった。

同社によれば、約11万件の顧客口座において、残高があった約5万人分のホットウォレットより、保存されていた仮想通貨の大半が窃取されたもの。

同社は被害額について当初約35億円としていたが、調査結果をもとに約32億7000万円と修正した。

内訳は国内顧客の預かり資産20億6000万円、同社が保有する9億6000万円。さらに同社が運営する海外取引所において2億5000万円分の仮想通貨が流出したと見られ、詳細を調べている。

(Security NEXT - 2019/07/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

流出「Bitcoin」の保証に向けた資金調達計画を発表 - DMM Bitcoin
「サポート詐欺」で1000万円の被害 - ネット銀を遠隔操作
国際作戦で「LockBit」の一部関係者を逮捕 - 復号鍵など押収
狙われる顧客管理ツール「SugarCRM」の脆弱性 - 米政府も注意喚起
ジブリパークのスタッフ情報が流出か - 派遣元にサイバー攻撃
QNAP、NASのファームウェア更新を呼びかけ - あらたなランサム攻撃を調査中
PCR検査のデータ管理システムがランサム被害 - 愛知県
暗号資産取引所「Liquid」から約108億円相当の暗号資産が流出か
日本空港給油でランサム感染被害 - 航空機給油業務に影響なし
不正アクセスで顧客宛に詐欺メール、個人情報流出の可能性も - 暗号資産取引所