Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「サポート詐欺」で1000万円の被害 - ネット銀を遠隔操作

笛吹市商工会において、いわゆる「サポート詐欺」の被害に遭い、1000万円に及ぶ金銭被害が発生した。第三者により業務用パソコンを遠隔操作され、オンラインバンキングより攻撃者の口座へ送金されたという。

同団体によれば、2月27日17時半ごろ、職員がウェブサイトを閲覧していたところ、「トロイの木馬に感染した」などとする偽の警告画面が表示され、画面上にある電話番号へ連絡を取り、詐欺にあったもの。

電話先のマイクロソフトの社員を名乗る人物にだまされて指示に従ってしまい、「ほかにもネットバンキングに利用する端末があるか」などと尋ねられ、18台ある業務用パソコンのうち、2台に遠隔操作ソフトをインストールした。

電話口の人物は片言の日本語で対応。電子マネーなどを求めることはなかったが、ネットバンキングの「ID」や「パスワード」を尋ね、同団体が利用する金融機関4件の「ID」や「パスワード」を教えてしまったという。

3件の金融機関では、ワンタイムパスワードやトークンなどが必要だったため、侵害を試みた形跡は見られたものの被害には至らなかった。

一方のこる金融機関のひとつは、ワンタイムパスワードなどが設定されていなかった。

(Security NEXT - 2024/04/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

積水ハウスの会員サイトで個人情報流出 - 過去使用ページから
「Chrome」に今月4件目のゼロデイ脆弱性 - 悪用を確認
中学校で災害時に用いる個人票1クラス分が所在不明に - 二宮町
オンラインマラソンの案内メールで誤送信 - 袋井市スポーツ協会
学校施設開放の鍵貸出簿が強風で飛散、一部未回収 - 葉山町
第三者のYouTube動画に患者の電子カルテ情報 - 群大付属病院
新シリーズ「FortiGate 200G」を発表 - フォーティネット
活用進む「AI」、攻撃者側より対策側に多くの恩恵との声も
約3割が過去3年間にサイバー攻撃の被害経験 - ランサムは3.8%
サーバ運用監視ソフト「Cacti」にアップデート - 複数脆弱性を修正