Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

QNAP、NASのファームウェア更新を呼びかけ - あらたなランサム攻撃を調査中

QNAPは、5月以降に確認されているランサムウェア「DeadBolt」のあらたな攻撃キャンペーンについて調査を進めていることを明らかにするとともに、同社NAS製品の利用者へファームウェアを最新版へ更新するよう呼びかけた。

同ランサムウェアは、ルータのポートフォワードなどにより、インターネットへ公開された同社NAS製品を標的とするランサムウェア。2022年1月ごろより活動が観測されている。

感染すると拡張子を「.deadbolt」へと変更。NASのログイン画面で脅迫文を表示し、暗号資産(仮想通貨)の「Bitcoin」により身代金を支払うよう要求する。

同社は、「DeadBolt」への対策として1月下旬にアップデートをリリースし、対策を講じていたが、5月中旬以降、あらたな攻撃が観測されているもので、同ランサムウェアによる被害が国内外で発生しており、全国の警察なども注意喚起を行っている。

今回の攻撃について同社は、古いバージョンが動作する「QTS4.x」をターゲットとしていると分析。重要度を4段階中もっとも高い「クリティカル(Critical)」とレーティングして注意を促すとともに、利用者に「QTS」や「QuTS hero」を最新版へ更新することを強く推奨している。

(Security NEXT - 2022/06/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

障害者の就労支援会社がランサム被害 - 「Phobos」亜種が関与か
グループ海外拠点でランサム被害、情報共有に時間要す - トヨタ紡織
ランサム被害の鳴門山上病院、通常診療を再開
攻撃者視点でネットワークをテストするサービス - ユービーセキュア
ニチリン米子会社でランサム被害 - ウェブの閲覧障害も
電子カルテや院内システムがランサム被害 - 鳴門山上病院
ランサム攻撃でサーバ内のデータが暗号化 - 帰国子女向け教育サービス
FRONTEO米子会社、複数サーバがランサム被害 - メールシステム脆弱性を悪用か
MSDTのゼロデイ脆弱性、悪用拡大中 - 「QBot」の拡散にも
バックアップ製品に新版、ランサム対策も - ベリタス