Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

9カ国調査、コンシューマーの半数でサイバー被害 - 日本は4割

日本を含む9カ国の個人ユーザーを対象とした調査において、約半数が回答者自身や家族がサイバー犯罪の被害を受けたことがあると回答した。日本は海外より10ポイント低く、約4割だった。

5月にエフセキュアが25歳以上のコンシューマーを対象に調査を実施したもの。日本や米国、イギリス、ドイツなど9カ国において、各国400人、3600人が回答した。

同調査によると、9カ国において51%が自分や家族が何らかのサイバー犯罪による被害を受けた経験があった。また26%は、複数の被害に遭ったと答えている。

マルウェアに関する被害にあったとの回答が27%で最多。「クレジットカード詐欺(18%)」「SMS詐欺、電話詐欺(11%)」「メールへの不正アクセス(10%)」「ログイン情報の盗難(10%)」が続く。また6%において「ランサムウェアの被害」が発生している。

20190710_fs_001.jpg
日本とそれ以外の国におけるサイバー犯罪の被害経験(グラフ:エフセキュア)

(Security NEXT - 2019/07/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

33%がPWを使い回し、52%は似たPWを再利用 - F-Secure調査
テレワークのセキュ課題、投資増とガバナンス - IPA調査
国家資格「登録セキスペ」の問題作成者を募集 - IPA
テレワーク実施する取引先のセキュリティ対策に半数が不安
30〜40代、3割超がネットトラブル経験 - ネットリスク理解8割
サイバー攻撃の被害額、8割超が100万円未満 - 日本損保協会調査
ネットバンク利用者3割強が2要素認証を利用 - MMD調査
若手対象「辻井重男セキュリティ論文賞」募集開始 - JSSM
ウェブサービスの画像認証で15%がログイン断念
約4割でインシデント被害、対応費用は約1.5億円 - 4.4%が「Emotet」経験