Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

転職による年収アップ、「セキュリティエンジニア」がトップ

転職後にIT職種へ就いた7割弱が年収が増加したとする調査結果をパーソルキャリアが取りまとめた。転職前後の平均増加額は「セキュリティエンジニア」がもっとも大きかったという。

パーソルキャリアが、同社の転職サービス「doda」において2023年1月から6月までにエージェントサービスを利用して転職した個人を対象に、転職前の年収と転職後に企業が提示した決定年収の変化について調査し、結果を取りまとめたもの。

転職後に6割弱が年収が増加したと回答。特にエンジニアなどをはじめとするIT職種の場合は7割弱と高い傾向が見られる。

転職前後において年収の差がもっとも大きかったのが「セキュリティエンジニア」。IT関連の職種から「セキュリティエンジニア」に転職した場合、転職前が平均490万円だったのに対し、転職後は557万円で増加幅は67万円だった。

「ITコンサルタント(64万円増)」「データサイエンティスト(50万円増)」などと比べても増加幅が大きい。「セキュリティエンジニア」の経験者が少なく、採用競争力を高めるため企業が年収を引き上げていると同社は分析している。

20240222_pc_001.jpg
IT職種経験者の転職による年収増減ランキング。セキュリティエンジニアへの転職がもっとも増加幅が大きい(表:パーソルキャリア)

(Security NEXT - 2024/02/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Palo Alto Networksの「PAN-OS」にゼロデイ脆弱性 - パッチを準備中
サポート詐欺で患者情報含むPCが遠隔操作できる状態に - 富田林病院
イベント申込フォームで設定ミス、個人情報が閲覧可能に - 会津若松市
学校で個人情報含む入学関係書類を誤廃棄 - 横須賀市
人材育成プログラム「SecHack365」が応募受付をまもなく開始
フィッシングURLが前月比約84%増 - 使い捨てURLを悪用
【特別企画】経営戦略に資するセキュリティを学ぶ「情報システムCAMP2024」が4月18日開催
工場スマート化のリスクや対策を解説したガイドライン別冊資料
セキュリティ学ぶ学生、同分野への就職希望は約7割 - JNSA調査
Fortinet、アドバイザリ13件を公開 - 複数製品の脆弱性を修正