Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

元教員メルアカがフィッシングの踏み台に - 札幌医科大

札幌医科大学は、元教員のメールアカウントが不正アクセスを受け、フィッシングメール送信の踏み台に悪用されたことを明らかにした。

同大によれば、2006年度に退職した元教員のメールアカウントが不正アクセスを受け、6月23日朝から24日朝にかけて、学内外に対し約8000件のフィッシングメールが送信されたもの。

送信されたフィッシングメールは、同大関係者を装い、アカウントのアップグレードを指示する内容だったという。

同大は、今回の不正アクセスについて、同大以外の他サービスから流出したパスワードを用いてアクセスされた可能性が高いと説明。

すでに不正アクセスを受けたアカウントのパスワードを変更しており、その後フィッシングメールの送信は停止したとしている。

(Security NEXT - 2019/06/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

国内でも被害発生、「ColdFusion」の既知脆弱性狙う攻撃
ウェブサーバが迷惑メール送信の踏み台に - タカラベルモント
従業員メルアカに不正アクセス、スパム踏み台に - 組込機器メーカー
メールサーバがフィッシングメールの踏み台に - 広済堂HD子会社
計算用サーバが攻撃の踏み台に、テストアカを侵害 - お茶大
クラウド利用増加で標的型攻撃が進化 - 「初期アクセス」獲得阻止が重要に
Barracuda ESGの侵害、中国関与か - スパム装いゼロデイ攻撃を隠蔽
不正アクセスでスパム送信の踏み台に - 富士ロジテックHD
複数メルアカに不正アクセス、フィッシングの踏み台に - G.O HD
重要インフラ狙う中国関与の「Volt Typhoon」攻撃 - 中小企業も攻撃の踏み台に