Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NEC、新生児の指紋認証に成功 - 新興国の身分証明に活用

NECは、新生児を対象とした指紋認証技術の実証実験をケニアで行い、生後2時間の新生児の指紋認証に成功したと発表した。

同研究は、ケニアの政府系研究組織に設置された倫理委員会の承認を経て実施したもの。生後1年未満の新生児を対象とした指紋撮影と認証技術の研究を長崎大学熱帯医学研究所と共同で実施した。

顔認証や光彩認証といった生体認証もあるが、顔の向きを正面にすることや目を開ける必要があり、新生児には適さないため、指紋認証を採用した。

同実証実験では、出生後数時間の新生児にも負担の少ない指紋撮影技術を採用。生後2時間の新生児において、エラー率0.3%での指紋認証に成功したという。

同技術を活用することで、出生から早期に生体情報の採取、出生証明や出生登録、退院時の本人確認、ワクチン接種記録など、法的な身分証明の提供が可能になるとしている。

(Security NEXT - 2019/06/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

eKYC時の顔データを用いて本人認証する新サービス - Liquid
米Transmit SecurityのPWレス認証製品を国内展開 - ラック
クラウド設定不備による情報漏洩対策で協業 - KCCSとラック
顔認証入退管理システムに新モデル - マルチテナント対応を強化
PC認証システムにマスク着用にも対応した顔認証機能 - CEC
顔認証によるショルダーハッキング対策製品、マスク着用に対応
BSIグループとイエラエセキュリティ、デジタルフォレンジック分野で協業
JIPDEC、JCAN証明書発行事業をGMOグローバルサインに譲渡
脅威情報を活用してC&C通信を検知するSaaS型サービス
SSOやID管理を実現するクラウド認証基盤サービス - オプティム