Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

イオングループの金融サービスで不正ログイン、不正利用発生 - 電話番号改ざんして決済アプリ認証

また暮らしのマネーサイトにイオン銀行の口座を登録している会員は、口座番号の上4桁、預金残高、支店名、契約者ID上5桁なども含まれる。

さらに一部会員は、ログイン後に登録されている電話番号が改ざんされ、スマートフォン決済アプリの登録、認証に使用された。会員708人においてカードが不正に利用され、2204万4816円の被害が発生したという。

両社は今回の不正アクセスについて、攻撃者が同社以外で入手したアカウント情報を用いた「パスワードリスト攻撃」であると説明。

不正アクセスの発信に利用されたIPアドレスからの通信を遮断。また、不正ログインされた会員のアカウントを停止して個別に連絡を行っている。

(Security NEXT - 2019/06/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

フィッシング被害者などで不正取引が発生 - レイクALSA
メールアカウントに不正ログイン、外部宛に不審メール - 拓殖大
「マイナビ転職」にPWリスト攻撃 - 履歴書21万人分に不正ログイン
LINEにPWリスト攻撃 - 2段階認証未適用の問合フォームが標的に
PWリスト攻撃が約10万回、約1500件が実在し半数超でログイン許す - ヌーラボ
公共施設予約システムへの不正ログイン試行で告訴 - 川崎市
セシール通販サイトに33件のPWリスト攻撃 - アカウント1件がログイン許す
東電会員サイトにPWリスト攻撃 - 新規会員登録の機能を悪用か
動画サービス「Hulu」に断続的なPWリスト攻撃
川崎市で野球場予約に大量の申込 - 同一IPアドレスから1日に約2万件