Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

イオングループの金融サービスで不正ログイン、不正利用発生 - 電話番号改ざんして決済アプリ認証

イオン銀行やイオンクレジットサービスが展開する会員向けサービスになりすましのログインがあり、登録情報が閲覧されたほか、登録内容の改ざんにより決済アプリが不正に認証され、金銭的な被害が発生したことがわかった。

両社によれば、5月28日から6月3日にかけて、インターネットで提供している「暮らしのマネーサイト」およびスマートフォンアプリ「イオンウォレット」において、第三者が本人になりすまし、ログインする不正アクセスが行われたもの。

1917件のアカウントがログインを許し、氏名や住所、電話番号、生年月日、性別、勤務先、年収、メールアドレスなどが閲覧された可能性がある。

クレジットカード会員は、請求金額や利用明細、利用可能枠、支払い口座情報の一部、カード番号の下4桁なども閲覧されたおそれがある。

(Security NEXT - 2019/06/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

フィッシング被害者などで不正取引が発生 - レイクALSA
メールアカウントに不正ログイン、外部宛に不審メール - 拓殖大
「マイナビ転職」にPWリスト攻撃 - 履歴書21万人分に不正ログイン
LINEにPWリスト攻撃 - 2段階認証未適用の問合フォームが標的に
PWリスト攻撃が約10万回、約1500件が実在し半数超でログイン許す - ヌーラボ
公共施設予約システムへの不正ログイン試行で告訴 - 川崎市
セシール通販サイトに33件のPWリスト攻撃 - アカウント1件がログイン許す
東電会員サイトにPWリスト攻撃 - 新規会員登録の機能を悪用か
動画サービス「Hulu」に断続的なPWリスト攻撃
川崎市で野球場予約に大量の申込 - 同一IPアドレスから1日に約2万件