Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

イオングループの金融サービスで不正ログイン、不正利用発生 - 電話番号改ざんして決済アプリ認証

イオン銀行やイオンクレジットサービスが展開する会員向けサービスになりすましのログインがあり、登録情報が閲覧されたほか、登録内容の改ざんにより決済アプリが不正に認証され、金銭的な被害が発生したことがわかった。

両社によれば、5月28日から6月3日にかけて、インターネットで提供している「暮らしのマネーサイト」およびスマートフォンアプリ「イオンウォレット」において、第三者が本人になりすまし、ログインする不正アクセスが行われたもの。

1917件のアカウントがログインを許し、氏名や住所、電話番号、生年月日、性別、勤務先、年収、メールアドレスなどが閲覧された可能性がある。

クレジットカード会員は、請求金額や利用明細、利用可能枠、支払い口座情報の一部、カード番号の下4桁なども閲覧されたおそれがある。

(Security NEXT - 2019/06/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

JR九州の会員サイトにPWリスト攻撃 - ポイント交換被害も
岡三オンライン証券にPWリスト攻撃 - 資産売却や出金被害は未確認
LINE利用者のパスワード約7.4万件が特定 - ログイン連携サービスにPWリスト攻撃
三越伊勢丹に対する不正ログインは5月から発生 - 約5.4万人に影響
ギフトサービスで不正ログイン被害 - 29件の不正決済
関電の「はぴeみる電」に不正ログイン - 複数海外IPアドレスから試行
三越伊勢丹の関連2サイトで約1.9万件の不正ログイン
通販サイト「ショップチャンネル」にPWリスト攻撃
オリコのクレカ不正申込対策で実証実験
「カメラのキタムラ」で不正ログイン - 不正注文で一部被害も