Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2018年度の個人情報漏洩は4380件、8割は誤送信や紛失

委員会が報告を受けた1216件のうち、5000件以上が漏洩したケースは56件。そのうち17件については5万超が漏洩した。

紙媒体が約6割、電子媒体が約4割となっている。不注意による事故が多くを占めるが、187件は故意の漏洩だった。

また2018年度に、漏洩に関する報告などの情報を分析し、安全管理措置に懸念がある事案を対象に立入検査を2件実施した。

さらに、漏洩が発生した事業者に対し、二次被害が発生しないような対応や、発生原因の究明、再発防止策の策定など、238件の指導や助言を行っている。

(Security NEXT - 2019/06/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

政府18機関でLINEを業務利用 - 11機関で機密情報も
スピーディで手軽な「eKYC」 - 「個人情報漏洩」への不安も
小規模サイト、約1割「一切脆弱性対策せず」 - 対策不備で2割が被害経験
2月はクレカ会社のフィッシングサイトが1.3倍に - BBSSレポート
4社に3社が直近1年にインシデントを経験 - JIPDEC調査
2020年の上場関連企業における個人情報事故 - 103件2515万人分
JNSAが選ぶ2020年10大ニュース、気になる1位は……
口座連携決済サービスの約4割で不正出金 - 被害口座9割が単要素認証で連携
2020年度上半期、個情委への個人情報漏洩報告は481件
Pマーク事業者による個人情報事故、2019年度は2543件