Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

メールアカウントに不正アクセス、迷惑メール送信の踏み台に - 新潟県立大

新潟県立大学は、教職員が利用するメールアカウントが不正アクセスを受け、迷惑メールを送信するための踏み台に悪用されたことを明らかにした。

同大によれば、教職員1人のメールアカウントが不正アクセスを受け、5月19日夜から20日午前にかけて、同アカウントから学外へ迷惑メール約1万件が送信されたという。

同大では、不正アクセスの判明を受けてアカウントのパスワードを変更。原因や経緯、同アカウントで送受信されたメールに関する情報漏洩の有無など調査を進めている。

また同大のメールシステムは、学外のクラウドサービスを利用していると説明。メール以外の情報システムに対する不正アクセスは確認されていないとしている。

(Security NEXT - 2019/05/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

メールアカウントに不正アクセス、スパムの踏み台に - サエラ薬局
複数自治体が導入進めるクラウドがスパム踏み台に - メンテ時の設定ミスで
防災システムへの不正アクセス、スパム約31万件が送信される - 新潟県
不正アクセスで約57万件の迷惑メール送信 - 群大
アカウント2件に不正アクセス、スパム踏み台に - 早稲田システム開発
複数従業員のメールアカウントに不正アクセス - モリサワ
教員アカウントに不正アクセス、海外スパム送信の踏み台に - 高崎経済大
退職者のメールアカウントがスパムの踏み台に - 大阪メトロサービス
サーバが攻撃の踏み台に、CMS導入ファイル狙われる - 茨大工学部同窓会
職員アカウントが海外より不正アクセス、スパムの踏み台に - 尚絅学院大