Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「CODE BLUE 2019」が10月下旬に開催 - 論文募集やチケット販売が開始

日本発のセキュリティカンファレンスである「CODE BLUE 2019」が、10月29日、30日に都内で開催される。チケットの販売や論文の募集が開始となっている。

同イベントは、国内外のセキュリティ専門家が登壇するセキュリティカンファレンス。トレーニングやセキュリティ技術を競うコンテストなども併催している。

前回の「同2018」では、セキュリティ技術に関する講演やサイバー犯罪対策にくわえ、「ブロックチェーン」「法と政策」といったトラックを新設。法律、サイバー戦争といったトピックにもフォーカスし、全42講演が行われた。

今年の「同2019」は、新宿から渋谷へ会場を移し、ベルサール渋谷ガーデンにて10月29日、30日の2日間の日程で開催する予定。コンテストや、トレーニングなども予定している。

(Security NEXT - 2019/05/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

6月に「Interop Tokyo 2024」開催 - テーマは「AI社会とインターネット」
カンファレンスイベント「CODE BLUE 2024」、講演者募集を開始
11月に「CODE BLUE 2024」が都内で開催 - トレーニングと講演で7日間
カンファレンスイベント「JSAC2024」の全プログラムが発表
研究者や実務者向けイベント「JSAC2024」が来年1月に開催 - 現地参加のみに
「SECCON CTF 2023」が開催 - 米韓混合チームが優勝
2024年3月にBSides Tokyoが開催へ - 講演を募集中
まもなく「SECCON 2023電脳会議」が開催 - 事前登録を受付中
学生を対象としたバグバウンティイベントを開催 - IssueHunt
狭き門を突破した講演並ぶ「CODE BLUE」が開催中