Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「CODE BLUE 2019」が10月下旬に開催 - 論文募集やチケット販売が開始

日本発のセキュリティカンファレンスである「CODE BLUE 2019」が、10月29日、30日に都内で開催される。チケットの販売や論文の募集が開始となっている。

同イベントは、国内外のセキュリティ専門家が登壇するセキュリティカンファレンス。トレーニングやセキュリティ技術を競うコンテストなども併催している。

前回の「同2018」では、セキュリティ技術に関する講演やサイバー犯罪対策にくわえ、「ブロックチェーン」「法と政策」といったトラックを新設。法律、サイバー戦争といったトピックにもフォーカスし、全42講演が行われた。

今年の「同2019」は、新宿から渋谷へ会場を移し、ベルサール渋谷ガーデンにて10月29日、30日の2日間の日程で開催する予定。コンテストや、トレーニングなども予定している。

(Security NEXT - 2019/05/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

セキュリティ会議「CODE BLUE」、講演者の募集を開始 - 事前参加登録も
「CODE BLUE 2022」、10月にハイブリッド開催 - 今年で10回目
2月に「制御システムセキュリティカンファレンス 2022」が開催
CSIRT関係者がオンラインで集結、「NCA Annual Conference 2021」が12月に開催
研究者や実務者向けイベント「JSAC 2022」、参加登録受付を開始
CODE BLUE 2021の講演者を発表 - 「ProxyLogon」発見者も登壇
「CODE BLUE 2021」はハイブリッド開催 - CFPも開始
「JSAC2022」を2022年1月に開催、2日間に拡大 - CFPもスタート
国内最大級のCTF大会「SECCON 2021」、12月に開催 - 初心者向けCTFなど5月よりスタート
4月に「Interop Tokyo 2021」、会場開催も - テーマは「DX」