Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

代表メールに不正アクセス、スパムの踏み台に - 札幌国際プラザ

国際交流の促進を目的とした公益財団法人である札幌国際プラザのメールアカウントが迷惑メール送信の踏み台に悪用されたことがわかった。

同財団によれば、代表メールアカウントが不正アクセスを受け、4月28日に同アカウントから約2200件の迷惑メールが送信されたもの。送信されたメールは、英文で記載された出会い系サイトへ誘導する内容だったという。

不正アクセスの検知後、メールサーバの管理会社がパスワードを変更。以降の不正アクセスは検知されていない。

同財団では、4月28日に同財団より発信されたメールを受信している場合、開封せずに削除するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2019/05/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

藤沢市関連サイトに不正アクセス - スパム踏み台に
メールアカウントに不正アクセス、スパム踏み台に - 岡山大
不正アクセスでスパムの踏み台に - システム開発会社
メールサーバが踏み台に、約25万件の迷惑メール - パーソルP&T
ビットバンクでもドメイン情報改ざん - 取引所とは別ドメイン
海外拠点経由の不正侵入で情報流出、内部横展開も - NTTコム
サイトの「問い合わせフォーム」を悪用する攻撃に警戒を
ウェブサイトがスパムの踏み台被害 - 船橋市
メールサーバで設定ミス、スパムを中継 - 山口県産業技術センター
4000人超で不正ログイン被害が発生 - LINE