Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

学生アカウントが乗っ取り被害、スパムの踏み台に - 鹿屋体育大

鹿屋体育大学において、クラウドサービスの一部アカウントが乗っ取られたことがわかった。迷惑メールを送信するための踏み台に悪用されたほか、メールやアドレス帳が閲覧された可能性がある。

同大によれば、同大が利用するクラウドサービスにおいて、学生1人のアカウント情報が窃取され、不正アクセスを受けたという。

3月16日9時12分から9時25分にかけて、学外および学内へあわせて319件の迷惑メールが送信された。

また同学生が学内外の関係者と送受信したメール1515件のほか、学内関係者の氏名とメールアドレス約1000件を含むアドレス帳が閲覧された可能性がある。

同大では3月16日13時過ぎに、対象のアカウントを停止。学生や教職員に対し不審なメールに関する注意喚起を行った。

(Security NEXT - 2019/05/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

メールアカウント2件に不正アクセス - 板橋区医師会
植物園サイトに不正アクセス、スパム送信の踏み台に - 藤沢市
メールアカウントに不正アクセス、スパム踏み台に - 静岡病院
ウェブサイトに不正アクセス、スパム踏み台に - 大田花き
メルアカに不正アクセス、スパム送信の踏み台に - グッドライフカンパニー
クラウドサーバに不正アクセス、フィッシングの踏み台に - 岡山大
藤沢市関連サイトに不正アクセス - スパム踏み台に
メールアカウントに不正アクセス、スパム踏み台に - 岡山大
不正アクセスでスパムの踏み台に - システム開発会社
メールサーバが踏み台に、約25万件の迷惑メール - パーソルP&T