Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ASUSの更新機能が侵害、マルウェア拡散 - MACアドレスで標的絞りさらなる攻撃

Kaspersky製品の利用者だけでも、5万7000人のユーザーが不正なアップデートをダウンロード、インストールしており、被害者は100万人以上におよぶおそれがあると同社は分析。

さらに今回の攻撃では、これら対象から標的を絞り込むためにネットワークアダプタの「MACアドレス」を使用。トロイの木馬として利用された不正なアップデートの200以上のサンプルから、600以上のハードコードされた「MACアドレス」を同社は抽出。これら以外にも攻撃が展開された可能性がある。

攻撃者は不明だが、2017年に発生した別のサプライチェーン攻撃で「ShadowPad」との関連性を確認。攻撃グループは、バックドア「Winnti」を利用し、「BARIUM」との名称でも知られている。

同社では、マルウェアより見つかった「MACアドレス」より、所有する端末が標的となったか確認できるツールを公開した。

また今回の問題を受け、ASUSでは脆弱性を修正した「ASUS Live Update 3.6.8」をリリース。また影響を受けたシステムをチェックできる診断ツールをあわせて提供している。

(Security NEXT - 2019/03/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

GSXがマザーズ上場 - 公募価格大きく上回る高値つけるも後場ストップ安に
米英豪、イランのAPT活動に注意喚起 - 「Fortinet」「Exchange」の脆弱性が標的
サイバー防衛シンポ熱海2021、12月にハイブリッド開催
2021年3Qの情報提供は346件、標的型攻撃は3件 - J-CSIP
2021年3Qはインシデントが約25.9%増 - 「サイト改ざん」が倍増
欧米捜査機関、高級車乗り回すランサム関係者2人を逮捕 - 暗号資産も凍結
不審報告の3割が「悪意あるメール」 - 「リスク」高いフレーズも
Officeファイル開くとコード実行されるゼロデイ脆弱性が判明 - すでに悪用も
従業員メルアカが乗っ取り被害、訓練効果で早期に把握 - EIZO
2021年2Qの標的型攻撃に関する情報共有は40件 - J-CSIP