Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ASUSの更新機能が侵害、マルウェア拡散 - MACアドレスで標的絞りさらなる攻撃

ASUSのノートパソコン向けに提供されているアップデート機能が侵害され、標的型攻撃に悪用されたことがわかった。

Kaspersky Labが、ASUS製端末にプリインストールされている「ASUS Live Update」を悪用したAPTグループによるサプライチェーン攻撃を確認したもの。同社は「Operation ShadowHammer」と名付けており、ASUSには1月31日に報告した。

同ツールは、アプリケーションやドライバのほか、BIOS、UEFIなどのコンポーネントを、自動的に更新できるツール。

同社によると、今回の攻撃では、トロイの木馬と化した不正なアップデートが2018年6月から11月にかけてASUSの正規アップデートサーバ経由でホストされたという。「セットアップインストーラ」などを偽装した不正プログラムは、正式な証明書で署名されており、マルウェアとして検知されることを回避していた。

(Security NEXT - 2019/03/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2020年3Qのインシデント、前四半期比約1.2倍に - 探索行為やサイト改ざんが増加
2020年上半期の標的型攻撃は3978件、前年同期の約1.5倍に - 警察庁まとめ
約4割でインシデント被害、対応費用は約1.5億円 - 4.4%が「Emotet」経験
サイバー保険を付帯した標的型攻撃メール訓練をOEM供給
2019年の標的型攻撃対策製品市場は約460億円 - 5年後には1.5倍に
「ランサムDDoS」を国内で観測 - 支払有無で結果変わらず
DoS/DDoS攻撃キャンペーンに警戒を - 各国機関が注意喚起
米政府、北朝鮮関与「BeagleBoyz」に注意喚起 - 金融機関狙う「FASTCash 2.0」を展開か
標的型メール攻撃で感染する「Konni」に警戒呼びかけ - 米政府
8月修正のIE脆弱性、韓企業狙う標的型攻撃で悪用