Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「WordPress 5.1.1」がリリース - XSSの脆弱性など修正

コンテンツマネジメントシステム(CMS)である「WordPress」の開発チームは、セキュリティアップデートとなる「同5.1.1」をリリースした。

今回のアップデートでは、セキュリティに関する問題やバグなどあわせて14件の修正を実施した。セキュリティに関する2件の修正では、コメント機能における「クロスサイトスクリプティング(XSS)」の脆弱性に対処した。

さらに複数のバグに対応したほか、まもなく登場する「同5.2」では、サポートするPHPのバージョンを引き上げるため、対応の準備に向けた変更も含まれるという。

今回のアップデートは、「同5.1」の提供から短期間でのリリースとなったが、次期修正となる「同5.1.2」も今後2週間ほどで公開する予定。

また開発チームでは、「同5.0.4」「同4.9.10」「同4.8.9」をはじめ、各系列に向けたアップデートもあわせて提供している。

(Security NEXT - 2019/03/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

10月中旬よりWPプラグイン「File Manager」の探索行為が増加
WP用ユーザー管理プラグインに脆弱性 - サイト管理者権限奪われるおそれ
「WordPress 5.5.2」がリリース - セキュリティ関連で10件の修正
WP向けダウンロード監視プラグインに脆弱性
WP向けプラグイン「File Manager」脆弱性、国内でも悪用被害
脆弱なファイル管理用WPプラグインを狙う攻撃を国内で観測
WP向けファイル管理プラグインに深刻な脆弱性 - ゼロデイ攻撃も
Facebookの「WordPress」向けプラグインに脆弱性 - チャット乗っ取りのおそれ
WordPressの人気テーマ「Divi」に深刻な脆弱性
「WordPress 5.4.2」がリリース - 複数脆弱性を修正