Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

アダルトサイト有料会員狙う攻撃が拡大 - ダークウェブで売買されるアカウント

同社の調査では、2017年の段階でアダルトサイトの認証情報を狙うマルウェアは、「Betabot」「Neverquest」「Panda」のみだった。

しかし2018年に入り、「Ursnif」「Snifula」「Papras」といった別名でも知られる「Gozi」をはじめ、「Ramnit」「Jimmy」といったマルウェアも攻撃対象をアダルトサイトまで広げ、22種類のボットネットを通じて感染活動が展開されたという。

また攻撃対象は有料サイトに限らず、無料コンテンツを配信する有名アダルトサイトについてもフィッシング攻撃の対象となっていた。

2018年にダークウェブで販売されたアダルトサイトの有料アカウントは、同社が確認しただけで1万件超にのぼり、2017年の5000件から倍増している。

販売価格は1アカウントあたり5ドルから10ドル程度。相場に大きな変化は見られないという。

(Security NEXT - 2019/03/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

警察庁、2021年上半期に61件のランサム被害把握 - 目立つVPN経由の感染
IPA、2021年前半の被害届出127件を公開 - ランサムや認証突破など
2021年2Qの標的型攻撃に関する情報共有は40件 - J-CSIP
小中学校配布端末でのトラブル、約2割が経験 - 加害者になってしまうケースも
2021年2Qのセキュ相談12%増 - 偽宅配業者SMS関連が大幅増
2021年2Qのインシデントは減少 - スキャン行為は増加
2020年度下半期の「J-CRAT」相談は201件 - レスキュー支援が増加
マルウェアメール、日本が検出最多 - ESETまとめ
2021年1Qのダークネット宛パケット、前月から約1割減
IoTマルウェアの検体情報など研究者にデータを無償提供 - 横国大