Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

島根県立大、学生アカウント乗っ取り被害でスパムの踏み台に - 原因は調査中

島根県立大学において、学生のメールアカウントが乗っ取られ、迷惑メール送信の踏み台に悪用されたり、情報流出の可能性があることがわかった。

同大によれば、学生1人が利用するメールアカウントのパスワードが窃取されたもの。2月4日から同月26日にかけて、同アカウント経由で3万8006件の迷惑メールが学外へ送信された。同月26日17時ごろ、システム担当者がメールシステムのアラートで問題に気が付いたという。

今回の不正アクセスにより、全学生および教職員の氏名や役職、所属、学年など2476件を含むアドレス帳や、送受信したメール148件が不正に閲覧された可能性がある。

同大では、対象となる学生に聞き取り調査を行ったが、フィッシングサイトへパスワードは入力していないとしており、マルウェアの感染も確認されていないという。同大では原因について調査を進めるとともに、関係者への注意喚起を行っている。

(Security NEXT - 2019/03/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

教員私物PCが「Emotet」感染、不正メール送信の踏み台に - 愛媛大
攻撃元はパートナー企業、二次流出の痕跡見つからず - キンコーズ
防災局メルアカ乗っ取り被害、スパムの踏み台に - 新潟県
矢野経済研究所に不正アクセス - SQLi攻撃でアカウント情報が流出
富士通クラウドサービスへの攻撃 - 侵入の痕跡見つかる
サイト改ざんで迷惑メール送信の踏み台に - リサイクル事業者
クラウド利用機器にサイバー攻撃、脆弱性公表から3日後に - 富士通
メールアカウントに不正アクセス、スパムの踏み台に - サエラ薬局
複数自治体が導入進めるクラウドがスパム踏み台に - メンテ時の設定ミスで
防災システムへの不正アクセス、スパム約31万件が送信される - 新潟県