Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Linux」狙う新種マルウェア「SpeakUp」 - 多くの製品で検知すり抜け

攻撃キャンペーンでは、「ThinkPHP」の脆弱性「CVE-2018-20062」を悪用。「GETリクエスト」でコマンドインジェクションを実行し、「PHP」によるプログラムや、「Perl」で記載されたバックドアをアップロードするという。

さらに同じサブネット上や、あらたなIPアドレス空間に対して感染活動を展開し、リモートでコードが実行可能となる脆弱性を悪用。

具体的には、「JBoss」に明らかとなった脆弱性「CVE-2012-0874」「CVE-2010-1871」などの脆弱性や、「WebLogic」に関する脆弱性「CVE-2017-10271」「CVE-2018-2894」のほか、「Apache ActiveMQ」の脆弱性「CVE-2016-3088」や「Hadoop YARN」に対するエクスプロイトなども感染活動に利用している。

またPythonスクリプトを用いて事前に用意したリストにより、管理者画面へログインするためにブルートフォース攻撃なども行う機能を備えていた。

20190206_cp_002.jpg
「SpeakUp」の検知推移(グラフ:Check Point)

(Security NEXT - 2019/02/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

VMwareのアクセス管理製品に深刻な脆弱性 - パッチは準備中
Google、「Chrome 87」で33件のセキュリティに関する修正を実施
「VMware SD-WAN Orchestrator」に複数脆弱性 - 修正版が公開
「Firefox 83」公開、HTTPS限定モードを追加 - 脆弱性21件を修正
CPU消費電力から暗号化キー解析できる攻撃「PLATYPUS」が判明
「Chrome」に2件のゼロデイ脆弱性 - 緊急更新を実施
「Cisco AnyConnect」にゼロデイ脆弱性 - アップデートを準備中
Google、「Chrome 86.0.4240.183」を公開 - 10件のセキュリティ修正
VirusTotalがIoTマルウェア分類ハッシュ関数「telfhash」を採用
「Chrome 86.0.4240.111」が公開 - 悪用済みのゼロデイ脆弱性を修正