Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

不正プログラムとウイルスともに検出数が増加 - バックドアが約17倍に

情報処理推進機構(IPA)は、2018年第4四半期に届け出があったウイルスや不正プログラムの状況を取りまとめた。いずれも検出数が増加している。

同機構によれば、同四半期のウイルス検出件数は1430件。前四半期の752件から約1.9倍となった。もっとも多く検出されたのは「W32/Mydoom」で、前四半期の454件から約1.9倍の892件に増加。次いで「W32/Netsky(154件)」「W32/Ramnit(103件)」と続く。

同一の届出者のもとで、同種のウイルスが同日中に複数検出された場合に1件とカウントする「届出件数」は323件。前四半期の188件を上回った。感染被害の報告は寄せられておらず、2018年は年間通して感染被害報告はなかった。

「自己伝染機能」「潜伏機能」「発病機能」のいずれも持たず、「ウイルス」の定義にあてはまらない「不正プログラム」の検出は6万7241件。前四半期の5万7509件から増加したものの、前年同期の82万2666件と比較すると約12分の1に縮小している。

(Security NEXT - 2019/02/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2020年3Qのインシデント、前四半期比約1.2倍に - 探索行為やサイト改ざんが増加
2020年2Q、67%のマルウェア亜種が定義ファイルを回避
検索リスクの高い有名人、半数がミュージシャン
約4割でインシデント被害、対応費用は約1.5億円 - 4.4%が「Emotet」経験
新コロ便乗、2Qに急増 - 不正サイト誘導14.6倍に
クラウドセキュリティ市場、高成長を予測 - IDC Japan
新型コロナ便乗サイバー攻撃、3カ月で40倍
マルウェア遭遇リスク、日本は世界で下から8番目
2020年2Qインシデント、前四半期比1.3倍 - フィッシングなど増加
マルウェアとの遭遇率、3年で約半分に - MS調査