Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

不正プログラムとウイルスともに検出数が増加 - バックドアが約17倍に

不正プログラムの検出数を種類別に見ると、最多は「Downloader」の1万2087件で全体の約18%。「Packed」は前四半期の2157件から777件に減少する一方、「Backdoor」は前四半期の306件から約17倍にあたる5477件に急伸している。

マルウェアの検出経路を見ると、メールの添付ファイルが6万1180件で、全体の89.1%を占める。ウェブからのダウンロードは258件、ネットワーク経由が341件だった。2017年第3四半期から、メールの添付ファイル経由の検出が9割前後を占める状況が続いている。

(Security NEXT - 2019/02/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

個情委への漏洩報告が約3倍に - 医療機関や不正アクセスなどに起因
一時操業停止にも至ったサイバー攻撃 - 侵入口は廃棄直前の「VoIP GW」
3Qのセキュ相談、偽SMSが3.1倍 - 「Emotet」関連は大幅減
3Qのインシデント件数は減少 - サイト改ざんは増加
企業の24.2%「1年以内にサイバー攻撃を受けた」 - TDB調査
フィッシング悪用ブランド、「au」が世界2位 - 「Emotet」国内活動は7割減
J-CSIPへの情報提供が約2.6倍に - 過去の受信メールにも注意を
2021年に観測が多かったマルウェア、大半が5年以上活動 - ランサム感染にも関与
テレワークで機密情報の特例持出が増加 - ルール遵守、半数近くが「自己確認」のみ
2Qセキュ相談、前四半期比約25%減 - 半減するも依然多い「Emotet」相談