Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

国内サイバー保険市場、今後5年で3.5倍予測

2018年から2023年までの5年間で国内のサイバー保険市場が約3.5倍に急拡大するとの予測を日本能率協会総合研究所が取りまとめた。

同社が、国内のサイバー保険市場を調査。市場への参入状況や保険料、契約者の動向などから、保険料ベースの市場規模を予測したもの。

2018年度の市場規模を200億円と分析。2年後の2020年度には約2.5倍にあたる500億円へと急拡大し、以降も堅調に推移して2023年度は700億円規模を見込むという。

個人情報漏洩保険に対する需要が落ち着いた2006年以降、市場は伸び悩みを見せたが、脅威の増加や保険へ言及した「サイバーセキュリティ経営ガイドライン」などの影響もあり、2015年以降、包括的なサイバー保険を中心に市場が拡大に転じたという。

20190122_jm_001.jpg
サイバー保険市場の予測(グラフ:日本能率協会総研)

(Security NEXT - 2019/01/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2020年の上場関連企業における個人情報事故 - 103件2515万人分
ランサムウェア対策で業界横断連携 - 米17組織
30〜40代、3割超がネットトラブル経験 - ネットリスク理解8割
サイバー攻撃の被害額、8割超が100万円未満 - 日本損保協会調査
ネット利用者半数超、パスワード文字数「8文字以下で安全」
損保ジャパンとCSC、攻撃検知データ活用で共同研究
「BEC」に見えた内通者の影 - なりすまされる「リスク」も
約半数の企業が情報セキュリティ対策を重点的に推進
2割弱の中小企業が被害経験 - 「攻撃対象となる可能性高い」6.2%
個情委、「内定辞退率予測サービス」で行政処分 - 利用企業にも指導