Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Yahoo!JAPANカード」の利用者狙うフィッシング - PW初期化案内を偽装

クレジットカード「Yahoo!JAPANカード」の利用者を狙ったフィッシングメールが出回っているとして、ヤフーが注意を呼びかけた。

問題のメールは、11月30日ごろより「緊急!パスワード初期化のご連絡」という件名で送信されているもの。フィッシングサイトへ誘導したり、個人情報を返信させようとしていた。

同社では、心当たりがないメール内のリンクはクリックしないよう注意を喚起。また「Yahoo!カード」などサービスにアクセスする際は、ブラウザのブックマークや検索サイトからアクセスするよう求めている。

(Security NEXT - 2018/12/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

フィッシングにパーソナライズの傾向 - 狙われるブランドは変わらず「MS」
10月のフィッシング報告、過去最高更新 - URLは約17%減
2020年2Qのフィッシング攻撃は35%減、国内ホストは32件 - RSA調査
フィッシングやなりすましメールをテーマとしたオンラインイベント - JPAAWG
セキュリティ相談が1.8倍に - 「Emotet」関連や「不正ログイン」相談が急増
2020年3Qのインシデント、前四半期比約1.2倍に - 探索行為やサイト改ざんが増加
警察庁、キャッシュレス決済サービスの不正出金で注意喚起 - 便乗詐欺にも警戒を
約4割でインシデント被害、対応費用は約1.5億円 - 4.4%が「Emotet」経験
衰え見せぬフィッシング攻撃 - 報告、URLともに最多記録を更新
ネット利用者半数超、パスワード文字数「8文字以下で安全」