Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

顧客情報含む伝票5469枚の所在わからず - 静岡中央銀

静岡中央銀行は、顧客情報が記載された伝票綴りが所在不明になっていることを明らかにした。

同行によれば、同行綾瀬支店において2017年1月19日から同年3月22日までの伝票綴り44冊が所在不明になっているもの。あわせて5469枚の伝票が含まれ、顧客730人分の氏名や住所、生年月日、口座番号、取引金額などが記載されているという。

同行は、問題の伝票綴りについて保存期間が経過した書類と一緒に誤って廃棄した可能性が高いと説明。外部からの問い合わせや、不正利用などの報告は確認されていないとしている。

(Security NEXT - 2018/09/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

新型コロナ拡大防止協力金申請者情報が流出 - 神奈川県
マイナンバーや口座情報含む国勢調査員関連書類を紛失 - 大阪市
被保険者や求職者情報含むバックアップ媒体を紛失 - 厚労省
過去宛先不明の住所に口座番号変更通知書を送付、所在不明に - 中央労働金庫
クラウドに不正アクセス、取引先情報の流出を確認 - 三菱電機
無関係の取引先情報含むこと気づかずファイルを誤送信 - 日本郵便子会社
ATMの取引情報を記録したCD-Rを紛失 - 北都銀
顧客情報記載の書類が所在不明、誤廃棄の可能性 - 埼玉県信金
顧客情報約250万件含む磁気テープを紛失 - みずほ総研
データの受け渡し過程でバックアップデータ紛失 - 豊橋市