Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

顧客情報含む伝票5469枚の所在わからず - 静岡中央銀

静岡中央銀行は、顧客情報が記載された伝票綴りが所在不明になっていることを明らかにした。

同行によれば、同行綾瀬支店において2017年1月19日から同年3月22日までの伝票綴り44冊が所在不明になっているもの。あわせて5469枚の伝票が含まれ、顧客730人分の氏名や住所、生年月日、口座番号、取引金額などが記載されているという。

同行は、問題の伝票綴りについて保存期間が経過した書類と一緒に誤って廃棄した可能性が高いと説明。外部からの問い合わせや、不正利用などの報告は確認されていないとしている。

(Security NEXT - 2018/09/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

書類を誤送付、宛名シールのミスに気づかず - 広島銀
複合施設の関連PCが電車内で盗難被害 - 横浜市
顧客情報記載の書類を紛失、誤廃棄の可能性 - 島田掛川信金
県民割登録宿泊施設の非公開情報を誤掲載 - 群馬県
顧客情報記載の書類綴りを紛失 - 兵庫信金
記事執筆者の口座情報をメールで誤送信 - 日本ITU協会
印字プログラム不具合で書類に別会員の口座情報 - 歯科コンサル会社
福祉サービスの一部契約書類が所在不明に - 高知県社会福祉協議会
未発送のローン残高通知ハガキ、従業員が処理に困り裁断 - 東山口信金
顧客情報含む伝票綴り39冊が所在不明に - 京都中央信金