Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

顧客情報含む伝票5469枚の所在わからず - 静岡中央銀

静岡中央銀行は、顧客情報が記載された伝票綴りが所在不明になっていることを明らかにした。

同行によれば、同行綾瀬支店において2017年1月19日から同年3月22日までの伝票綴り44冊が所在不明になっているもの。あわせて5469枚の伝票が含まれ、顧客730人分の氏名や住所、生年月日、口座番号、取引金額などが記載されているという。

同行は、問題の伝票綴りについて保存期間が経過した書類と一緒に誤って廃棄した可能性が高いと説明。外部からの問い合わせや、不正利用などの報告は確認されていないとしている。

(Security NEXT - 2018/09/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

口座振替依頼書が一部所在不明、マイナンバーも記載 - 岩倉市
11年前の紛失個人情報、道などへ繰り返し匿名送付 - 5月にも3回
学費振替情報を無関係79校に誤送信 - かながわ信金
新型コロナ特例貸付の申請者情報を誤送信 - スキャンデータ取り違え
メルカリが不正アクセス被害 - 開発ツール「Codecov」侵害の影響で
過去の助成対象者情報含むファイルを研究者などへ送信 - 佛教大
解約済印鑑票3497件が所在不明 - 沖縄海邦銀
授業料納入通知書を誤送付、送付先データの作成ミスで - 高知県立大
顧客情報を外部送信、表計算ファイルで別シートの存在気付かず - 横浜銀
三菱電機への不正アクセス、中国子会社での窃取情報を起点に攻撃展開