Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「CODE BLUE」、基調講演にMikko Hyppönen氏ら招聘

20180828_cb_001.jpg
Mikko Hyppönen氏

国内発のセキュリティカンファレンスである「CODE BLUE」は、基調講演にF-SecureのMikko Hyppönen氏と、NATOサイバーセンターアンバサダーを務めるKenneth Geas氏を招聘すると発表した。

Mikko Hyppönen氏はサイバー空間における軍拡競争をテーマに取り上げるとしており、Kenneth Geas氏は、国家間のサイバーセキュリティにおける動向について講演する予定。

また次回カンファレンスでは、2017年よりスタートした「サイバー犯罪対策特別トラック」のほか、「Blockchainトラック」「Law&Policyトラック」を新設したことを受け、レビューボードのメンバーを拡充した。

あわせて10月29日、30日に開催するトレーニングの内容についても発表している。

(Security NEXT - 2018/08/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

まもなく「CODE BLUE」が開催、講演テーマから浮かび上がる社会的課題
「CODE BLUE 2022」の全24セッションが決定
「CODE BLUE 2022」の一部登壇者が明らかに - 5Gハッキングなど
セキュリティ会議「CODE BLUE」、講演者の募集を開始 - 事前参加登録も
「CODE BLUE 2022」、10月にハイブリッド開催 - 今年で10回目
「CODE BLUE 2021」基調講演にデジタル庁CISOの坂明氏 - 会場限定セッションも
CODE BLUE 2021の講演者を発表 - 「ProxyLogon」発見者も登壇
「CODE BLUE 2021」はハイブリッド開催 - CFPも開始
「サイバーセキュリティに関する総務大臣奨励賞」が決定 - 2名1団体が受賞
CODE BLUE、全講演者が決定 - 特別講演にAudrey Tang氏