Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

約2割の企業がサイバー犯罪被害 - 国内では知財被害目立つ

過去2年間に約半数の日本企業がサイバー攻撃を経験しているとの調査結果をPwC が取りまとめた。2年前の前回調査から35ポイント増加している。

PwCグループが経済犯罪に関する実態調査を実施し、結果を取りまとめたもの。同調査は2年に1度実施しており、今回は2017年6月21日から9月28日にかけて実施。世界123の国と地域から7228件の回答が寄せられた。国内からの回答は182件。

過去2年間でサイバー攻撃の対象になったことがある日本企業は50%。2年前の前回調査から35ポイント増加した。種類別では「マルウェア」が32%ともっとも多く、「フィッシング(19%)」「ネットワークスキャニング(18%)」と続く。

20180731_pc_001.jpg
過去2年間に受けた攻撃の種類(グラフ:PwC)

(Security NEXT - 2018/07/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

自治体防災メール、送信ドメイン認証「SPF」に9割対応 - 「DMARC」は1割強
ウェブサービスの画像認証で15%がログイン断念
検索リスクの高い有名人、半数がミュージシャン
約4割でインシデント被害、対応費用は約1.5億円 - 4.4%が「Emotet」経験
衰え見せぬフィッシング攻撃 - 報告、URLともに最多記録を更新
8割超のユーザーがパスワードを使い回し - 「忘れてしまう」「面倒」
委託先や下請け関連のインシデント対応コストが上昇傾向
2019年の標的型攻撃対策製品市場は約460億円 - 5年後には1.5倍に
ネット利用者半数超、パスワード文字数「8文字以下で安全」
CODE BLUE、全講演者が決定 - 特別講演にAudrey Tang氏