Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2018年2Qのインシデント件数は減少 - サイト改ざんなどは増加

20180712_jp_002.jpg
インシデントのカテゴリ(グラフ:JPCERT/CC)

インシデントの内訳を見ると、「スキャン」が1255件で前四半期の1845件から目立って減少した。

一方、「フィッシングサイト」は前四半期の924件を上回る1214件。

「ウェブサイト改ざん」も320件と、前四半期の268件を上回った。「マルウェアサイト」も同様に増加傾向が見られ、前四半期の63件から89件に増加している。

一方、「DoS/DDoS」と「制御システム関連」は、同四半期中は0件。「標的型攻撃」は、前四半期を3件上回る9件だった。

(Security NEXT - 2018/07/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

3割がセキュ投資増額、56.3%で被害経験 - IDC調査
巧妙化するランサム攻撃、被害の多くが「VPN機器」脆弱性に起因
4社に3社が直近1年にインシデントを経験 - JIPDEC調査
2020年の緊急対応支援、3割強が「Emotet」 - ラック
テレワークのセキュ課題、投資増とガバナンス - IPA調査
2020年4Qのインシデントは1割減 - マルウェアサイトは倍増
2020年3Qのインシデント、前四半期比約1.2倍に - 探索行為やサイト改ざんが増加
約4割でインシデント被害、対応費用は約1.5億円 - 4.4%が「Emotet」経験
委託先や下請け関連のインシデント対応コストが上昇傾向
2019年の標的型攻撃対策製品市場は約460億円 - 5年後には1.5倍に