Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

フィッシング攻撃でアカウント乗っ取り、メールが不正転送 - 弘前大

教職員242人へ送信され、そのうち12人が誘導先の偽サイトに誤ってパスワードを入力。メールの転送先が不正に設定され、受信メールあわせて3151件が外部へ転送された。

外部へ流出したメールに含まれる情報で、現時点で判明しているのは、送受信者の氏名とメールアドレスが2457件、氏名、住所、電話番号、性別など2517件。

同大では転送されたメールにさらなる情報が含まれていないか確認するとともに、メールボックスに保存された送受信メールから個人情報や機密情報などを取得されていないかログを調べている。

同大では、不正に転送されたメールの差出人に対し、報告と謝罪を行った。また今後は、2要素認証を含めた総合的な対策を検討するとしている。

(Security NEXT - 2018/07/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

持出情報同期したクラウドアカウントがフィッシング被害 - 千葉大付属病院
実在部署名乗るメールで教員がフィッシング被害 - 名大
フィッシング被害者などで不正取引が発生 - レイクALSA
不正アクセスで「レール&レンタカー」予約者のメアド流出
フィッシング被害で顧客情報流出のおそれ - ダイワボウグループ会社
メルアカに不正アクセス、関係者へフィッシングメール - LINK-J
アカウントが乗っ取り被害、フィッシング踏み台に - マウスコンピューター
鳥取市の通販サイトに不正アクセス - 利用者情報が流出
メルアカ2件に不正アクセス、不正転送など発生 - 農工大
不正アクセス原因、PWスプレー攻撃の可能性 - 東京企画