Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

取引先や従業員に関する一部情報の流出を確認 - KADOKAWA

KADOKAWAは、ランサムウェアなど用いたサイバー攻撃を受け、システム障害が発生した問題で、一部情報の流出を確認したことを明らかにした。

情報を窃取したなどとする攻撃者の主張内容については信憑性を確認中としつつも、攻撃者によって公開された情報を確認したところ、同社グループが保有する一部情報が含まれていることを確認したという。

具体的には、楽曲収益化サービス(NRC)を利用する一部クリエイターの個人情報や、一部の元従業員が運営する会社の情報、契約書、見積書など、取引先に関する情報の外部流出を確認した。

また契約社員や派遣社員、アルバイト、一部の退職者なども含めたドワンゴの全従業員や同社関係会社の一部従業員に関する個人情報、社内向け文書なども含まれる。

同社は取引先関係者に対して、個別に事情の説明と謝罪を実施。対象となる従業員に対しても説明を行い、フィッシングメールなどを送信される可能性もあるとして注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2024/06/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

高校生向け施設見学ツアーの申込フォームで設定ミス - 電通大
生徒の個人情報含む教務手帳を紛失 - 立命館守山高校
児童相談所が児童の個人情報をメール誤送信 - 栃木県
「OpenSSH」の脆弱性「regreSSHion」、40以上のCisco製品に影響
中間者攻撃で認証応答を偽造できる脆弱性「Blast-RADIUS」
ServiceNowの「Now Platform」に深刻な脆弱性 - アップデートの実施を
「OpenStack」のモジュールに脆弱性 - 修正パッチが公開
JAXAに不正アクセス - 攻撃起点はVPN、未知マルウェアも
「Apache CloudStack」に複数脆弱性 - アップデートや回避策の実施を
個人情報含む書類を市サイトに誤掲載 - 尼崎市