Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

島根大の複数職員がフィッシング被害 - スパム送信やメールの不正転送が発生

島根大学において、フィッシングにより複数教職員のメールアカウントが乗っ取られ、迷惑メール送信の踏み台に悪用されたり、メールが外部へ不正に転送される被害が発生したことがわかった。

同大によれば5月7日、海外へ出張している教職員1人が宅配業者を装った英文のフィッシングメールを受信。誘導先のサイトにメールサービスのパスワードを誤って入力したことからアカウントが悪用され、迷惑メール2777件が送信された。

さらに5月15日、23日、31日と3回にわたり、同大が利用するメールサービスの障害を装い、ログインページを装った偽サイトへ誘導する英文のフィッシングメールが複数の職員に届いたという。

攻撃者によってメールアドレスが特定された原因はわかっていないが、届いたフィッシングメールは1351通に及び、教職員14人が偽サイトに誤ってパスワードを入力。そのうち5件のアカウントで利用者が意図しないメールの転送先が不正に登録され、のべ397件のメールが外部に流出した。

(Security NEXT - 2018/06/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

複数教員のメールアカウントに不正アクセス - 名古屋大
LINEのQRコードログインに2要素認証バイパスの脆弱性 - 悪用被害も
医師のクラウドアカウントに不正アクセス - 愛知県がんセンター
従業員メルアカが乗っ取り被害、訓練効果で早期に把握 - EIZO
患者情報含む医師個人のクラウドアカウントが乗っ取り被害 - 岡大病院
従業員がスミッシング被害、顧客情報流出の可能性 - ニトムズ
小学校教員がフィッシング被害、クラウドにスマホ同期の業務画像 - 生駒市
教員の個人アカウントが乗っ取り被害、スマホ同期の個人情報も - 大阪教育大
持出情報同期したクラウドアカウントがフィッシング被害 - 千葉大付属病院
実在部署名乗るメールで教員がフィッシング被害 - 名大