Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

デジタル・フォレンジック研究会が15周年、シンポジウム開催

15周年を迎えたデジタル・フォレンジック研究会は、8月21日に都内でシンポジウムを開催する。

同イベントは、「これからのデジタル・フォレンジックの課題と展望(仮)」と題したシンポジウム。同研究会の非会員でも参加できる。

内閣サイバーセキュリティセンター長の中島明彦氏や、経団連情報通信委員会企画部会部会長代行の梶浦敏範氏による講演などが予定されている。

また同日は、同研究会の活動における功労者を対象とした表彰式も開催する予定。

会場はホテル東京ガーデンパレス。参加費は無料だが、事前登録が必要。定員は100人で先着順で受け付ける。申込の締切は8月3日。イベントの詳細は、同研究会のウェブサイトから。

(Security NEXT - 2018/06/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

NICTがオンラインシンポジウム - 第5期中長期計画も披露
サイバー防衛シンポ熱海2021、12月にハイブリッド開催
東京オリパラ踏まえた脅威対策でオンラインシンポジウム - JC3ら
IPA、「IPAデジタルシンポジウム2021」を開催 - 「DX」を中心にセキュリティなど議論
「サイバー防衛シンポ熱海2020」が開催 - チケット販売まもなく終了
「JNSA賞」が発表、フィッシングハンターのKesagataMe氏ら受賞
シンポジウム「SECCON 2020電脳会議」が12月19日に開催
「サイバーセキュリティに関する総務大臣奨励賞」が決定 - 2名1団体が受賞
コロナ対策やアフターコロナがテーマのネットシンポジウム - NICT
「サイバー防衛シンポ」が6月に開催 - ナイトセッションも