Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IIJ、「Black Hat」でトレーニングを提供 - 4日間で100以上の演習

具体的には、4日間のトレーニングに100種類以上の解析対象物と100以上の演習を用意。時間がかかる処理の中間生成物や結果を、「3分クッキング」のようにあらかじめ用意。待ち時間を排除することで、短時間に大量の演習を実施するとしている。

同社では今回の採択理由について、多数の演習と解析対象物を用意し、網羅的に学習できることにくわえ、他インシデントレスポンスコースで扱っていないマルウェア解析などを実施する点が評価されたのではないかとコメント。30人程度の受講が目標だという。

料金は申し込み時期によって異なり、5月25日まで受け付ける早期申し込みが4200米ドル。会期中のオンサイトが4800ドル。申し込みは、「Black Hat」のウェブサイトで受け付けている。

同社は現在、国内において同様のサービスは提供していないが、今回のトレーニングをもとに国内でも実施していきたい考え。

(Security NEXT - 2018/05/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

システム堅牢化やCTFなど人材育成演習サービスを拡充 - NEC
インシデント対応学ぶ演習サービス - クラウドに模擬環境
クラウドのリスク可視化やセキュ対策支援のコンサルサービス
インシデント体験の研修サービスがテレワークに対応 - ラック
カスタマイズ可能なフィッシングの模擬演習サービス- エフセキュア
インシデント対応体制の構築を支援する演習サービス - マカフィー
セキュリティ学ぶ医療機関や大学向けボードゲーム教材
経営陣向けにセキュリティ経営の支援メニュー - ニュートン
香川大とネットワン、セキュ技術者育成プログラムを共同開発
人材育成と研究で「サイバーセキュリティセンター」開設 - 日立グループ