Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

セキュリティ診断サービスでレッドチーム演習を提供 - GMO-CS

GMOサイバーセキュリティbyイエラエは、サイバーセキュリティ診断サービス「GMOサイバーセキュリティ侵入テスト」に新メニュー「レッドチーム演習」を追加した。

同サービスは、同社が「レッドチーム」となって疑似的なサイバー攻撃を実施し、組織におけるサイバーセキュリテイ対策レベルの確認や、システムを守る「ブルーチーム」の実践的トレーニングを行うもの。

演習形式で実施し、同社のレッドチームが環境ごとに攻撃シナリオを用意。攻撃の永続化や検知された場合は攻撃手法を切り替えるなど高度な模擬攻撃を実施する。

サービス利用組織のセキュリティ担当者はブルーチームとなって実際のインシデントと同様の対応を行うとともに、サービス利用組織の関係者が「ホワイトチーム」となって、演習状況を監査、評価することができる。

(Security NEXT - 2022/07/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Linuxカーネルに「Dirty COW」に類似した脆弱性見つかる
「UnRAR」の既知脆弱性、悪用リスクが高まる
開示請求の照会文書を親会社へ誤送付 - 熊本労働局
オープンキャンパス申込者宛のメールで誤送信 - 静岡県立大
小学校で児童のPCR検査結果を複数保護者へ誤送信 - 守谷市
「FortiOS」「FortiADC」など複数のFortinet製品に脆弱性
複数のAdobe製品に脆弱性 - アップデートがリリース
VMware、複数製品向けにセキュリティアップデートを公開
Zoomに深刻な脆弱性、悪意ある会議URL開くと攻撃受けるおそれも
Palo Alto Networks製品に脆弱性 - 反射型DoS攻撃の踏み台となるおそれ