Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NICT、2023年度サイバー防御演習「CYDER」の受講者募集を開始

情報通信研究機構(NICT)は、2023年度における実践的サイバー防御演習「CYDER(CYber Defense Exercise with Recurrence)」の申込受付を開始した。

同演習は、政府や自治体、重要インフラ事業者などの情報システム担当者、セキュリティ管理者、CSIRT担当者などを対象に提供するもの。会場でグループ演習を行う「集合演習」とオンラインで独習する「オンライン演習」が用意されている。

組織のネットワーク環境を模した仮想環境で発生させた擬似的なサイバー攻撃に対し、インシデント対応などを実践する「集合演習」については、2023年度の開催日程を公表。47都道府県で合計100回程度開催を予定しており、一部コースについては申込の受付を開始している。

さらにオンラインでインシデント対応に関する知識やトレンドなどを学ぶ「オンライン入門コース」を開講。また政府や自治体の職員で初学者を対象とする「プレCYDER」についても開発を進めており、2024年初頭に開講する予定。

どう演習の詳細や申し込みについては、CYDERのウェブサイトから。

(Security NEXT - 2023/05/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

高校で生徒の個人情報含む教務手帳を紛失 - 岐阜県
サポート詐欺被害、PCを遠隔操作される - 足立東部病院
「Firefox 123」が公開 - 12件の脆弱性を修正
「ConnectWise ScreenConnect」に深刻な脆弱性 - ランサム攻撃にも悪用
メール送信時の人為ミスで関係者のアドレス流出 - 日本財団学生ボランティアセンター
ワークフロー管理の「Apache DolphinScheduler」に脆弱性
SonicWall「SMA 100シリーズ」の多要素認証機能に脆弱性
一部SonicWall製ファイアウォールの「SSL VPN機能」に脆弱性 - 認証バイパスのおそれ
Atlassian、「Confluence」など複数製品にセキュリティアップデート
GitLabが2月2度目のアップデート、脆弱性やバグに対応